毎週絵本

毎週、子ども向けに図書館で絵本を10冊借りることを習慣にしています。季節に合ったおすすめ絵本を紹介していきます。

ピッキーとポッキー

今週は「春」にちなんだ絵本を紹介します。
この本を読むと、お弁当を持ってお花見に行きたくなりますよ。

ピッキーとポッキー

  • 作者(文):嵐山光三郎
  • 作者(絵):安西水丸
  • 初版:1993/3/25
  • 対象年齢:2歳~

 

あらすじ

うさぎのピッキーとポッキーは、もぐらのふうちゃんと一緒にお弁当を持ってお花見に出かけます。菜の花畑を通り、れんげ畑で遊び、モグラのトンネルをくぐって・・・。
さくらやまではみんなが待っているよ!

おすすめポイント

描写が細かく、ピッキーとポッキーの生活がよくわかる

すかんぽにたまったあさつゆで歯を磨いたり、お弁当にすみれのサンドイッチや菜の花のサラダを作ったり、れんげのまりや首飾りを作ったり・・・
描写が細かいので、ピッキーとポッキーが自然にあるものを使って日常の生活を送っている様子がよくわかります。かわいらしく楽しそうで、散歩の途中にまねしたくなりますよ!

作者について

作者の嵐山光三郎さんと安西水丸さんは出版社の同僚で、親戚のように仲が良かったそうです。嵐山光三郎さんが個人的に文章を書いているから絵を書いてくれないかと安西水丸さんに声をかけ、できあがったのがピッキーとポッキーです。

絵本の「ぶん」と「え」の作者が異なる場合、なかなか両者のイメージを合わせるのは難しいだろうなと思うのですが、ピッキーとポッキーの場合はきっと楽しく議論しながら作られたのでしょうね!